ネジゆるみ止め剤

ハーレーは、他のバイクに比べれば比較的振動が多く、
「ネジが ゆるんで パーツを落とした」 などという話も耳にしますが、
ねじロック剤と日ごろの点検で、そのようなトラブルは確実に避けられるはずです。

ねじロック=別名ロックタイト又はスレッドロッカー  パーマテック=ロックタイト社の親会社名 総発売元は、スナップオン社)

ボルトやナットにねじロックが使用されていて、硬くてはずせない場合は、別売りの 強力ヒートガン がオススメ(電気ツール→配線修理ページ参照) 

ねじ緩み止め剤は嫌気性接着剤と呼ばれ、空気を嫌う接着剤です。ねじ接合部に接着剤が入り込み空気が遮断され、金属イオンに反応して硬化します。

したがって、はみ出した部分は半永久的に硬化しません。また、金属ねじ専用なのでプラスチックには使用できません。

高強度で接着した物を外す場合は、150℃以上の熱で溶かす必要がある場合もあります。  



10ml

ねじロック  中強度 10ml
品番30019
 
\1,280
ねじロック  中強度 50ml
品番30020
 
\2,980

緩み止めの効果は確実ですが、工具で比較的簡単に緩めることができます。

液体のままでは硬化せずに、塗布してねじ込んで 空気と遮断した時点から、硬化(かたまり)が始まるすぐれた品。

ねじ込み後 5〜15分で固着し、1〜3時間後で実用強度に達し、24時間で完全硬化。 適応温度範囲 約−54〜150℃

通常使用に最適。樹脂・メッキなど不活性素材の接着性に優れ、多少の油分が残っていてもしっかり固定できます。



50ml

ねじロック  高強度 10ml
品番30021
 
\1,280
ねじロック  高強度 50ml
品番30022
 
\2,980

モーターナットやクラッチハブナット、ミッションスプロケットナットなど、簡単に外れては困る場所用。

液体のままでは硬化せずに、塗布してねじ込んで 空気と遮断した時点から、硬化(かたまり)が始まるすぐれた品。

ねじ込み後 5〜15分で固着し、1〜3時間後で実用強度に達し、24時間で完全硬化。 適応温度範囲 約−54〜150℃

取り外しにはインパクトレンチやバーナーであぶる必要がある場合もあります。

高い薬品性と耐熱性を発揮し、強力な接着力でボルト&ネジ類を永久固定。


6ml

ねじロック  高強度 6ml 
品番35111
 
\980

バルブガイドシール、フライホイールナット、ベアリング等、絶対に緩んではイケナイ場所や、シリンダーベース等のシール性が必要な所にも。

また、ホイールやステムなどのベアリング、ハウジングとアウターレースの固定にも使用。ベアリング打ち込み時にアウターレース外周へ薄く塗付し圧入する。

液体のままでは硬化せずに、塗布してねじ込んで 空気と遮断した時点から、硬化(かたまり)が始まるすぐれた品。

ねじ込み後 5〜15分で固着し、1〜3時間後で実用強度に達し、24時間で完全硬化。 適応温度範囲 約−54〜204℃

ほとんどの金属製ボルトに使用可能。  適合スキマ 0.2mm以下。

取り外しにはインパクトレンチやバーナーであぶる必要がある場合もあります。  スリーブリティナーとも呼ばれています。

    

TOPBACK TO MENU

http://www.kitagawa-s.com